toggle

PHOTO【出張写真撮影】

病気や障がいのあるこどもたちへ届ける出張写真撮影

その一瞬にこころをこめて、その一枚に想いをのせて

「家族写真を撮ろう」
それをきっかけに、おしゃれをしたり、お揃いの洋服を選んだり、
七五三の着物を着たり、ベッドから降りて抱っこをしたり、家族でごろりんと寝っころがったり、

外に出て風や太陽の光を感じたり、一生懸命ポーズを決めたり、緊張したり、
ワクワクドキドキしたり、様々なこころの動きを体験します。

そのすべてが大切な瞬間であり、たくさんの愛情と想いと願いが込められています。

 私たちが目指すものは「はいチーズ」と撮影するただの記念写真ではありません。
撮影体験を通じて得られる、こころの動き、その子らしさ、家族らしさを感じられる
特別な瞬間を写真に残します。

時を経て、その写真を見て蘇る思い出、そこで生まれる会話、コミュニケーション、
こころに残るストーリーを届ける「写真」を目指しています。

 病気や障がいの特性に配慮し、スペシャルニーズに寄り添いながら、
安心できる空間を創り、ご希望の場所やテーマに合わせて、ゆっくりと時間をかけて、
こころを和ませながら、本格的な写真撮影をおこないます。

《本格的な写真撮影体験》

「どこでも写真スタジオへ」
 ご自宅のリビングや子供部屋でも、施設の中でも、ご希望の場所で、ご希望の設定に合わせて、
プロ仕様の撮影機材を使い、写真スタジオと同じクオリティの本格的な写真撮影を実施します。

「特別な空間を演出」
 フラワーデザイナーが、アーティフィシャルフラワーを使用し、春夏秋冬の四季をイメージしてデザインしたセットの中で撮影が可能です。

プロジェクター、LEDなど使用し、不思議な空間、非日常空間を演出したセットの中で撮影が可能です。

「好きな場所へ」
思い出の公園で、春の桜の下で、七五三の着物を着て神社で、などご希望の場所へ一緒に行き、ご希望のシチュエーションに合わせた撮影を実施します。

「たくさんの出会い、豊富な撮影経験」
 2017年に活動を開始してから、個別の出張写真撮影や、施設や家族会などでたくさんの心に残る撮影経験を積んできました。これまで、のべ約500組の様々な病気や障がいを持つ子どもたちとそのご家族の写真撮影をしています。(2020年3月時点)

《ゆっくり、お子さんのペースに合わせて》

「お子さんのタイミングに合わせてゆっくり。医療的ケアがあっても大丈夫。」
 個人の出張写真撮影では約3時間、施設や家族会などの団体では3時間で10組程度の撮影を実施します。ゆっくり、じっくり時間をかけて、余裕を持って撮影をするため、お子さんのタイミングに合わせて撮影をします。途中で医療的ケアや、休憩が入っても大丈夫です。
撮影枚数の制限はなく、何枚でも、何パターンでも撮影します。

写真はご家族やお友達、みんなで楽しめるカタチでお届け

「その場でプリント写真をプレゼント」
 撮影したその場でお気に入りの写真を一枚をプリントしてプレゼントします。同時にオリジナルフォトフレームを作り、写真を入れてすぐにお部屋に飾ることができます。※室内撮影限定、団体の場合は別途料金が必要です。

「撮影した写真のデータはすべてお届けします」
 厳選とレタッチ(仕上げ)をしたすべての写真データをオンラインアルバムでお届けします。

「ご家族や友人と簡単にシェア」
 オンラインアルバムは、スマホやパソコンから、誰でも簡単に写真の閲覧やダウンロードをすることができます。お気に入りの写真をおうちでプリントしたり、SNSへアップをしたり、ご家族や友人へ送ったり、簡単にできます。オンラインアルバムはパスワードを設定していますので、セキュリティ対策も万全です。
 データディスク、アルバム作製、写真プリントも可能です。(別途料金)

医療・保育・福祉・あそびの専門家チーム

「病気や障がいに配慮し安心安全を確保しながら、お子さんの素敵な瞬間を創ります」

共同代表・写真家 安田一貴
 理学療法士の国家資格を持ち、こども病院での勤務を経験をしています。ICU(集中治療室)やNICU(新生児集中治療室)、一般病棟、レスパイト施設での経験があり、様々な年齢、病気や障がいを持つお子さんとそのご家族と向き合ってきました。「3学会合同呼吸療法認定士」の資格取得や、「BLS プロバイダー(一時救命処置)」「PEARSプロバイダー(小児救急評価・認識・病態安定化)」のコースを修了しています。これらの経験と知識を活かすことで、病気や障がいの特性、リスクや安全に配慮しながら撮影をします。撮影時の姿勢、移乗、人工呼吸器やモニター類の管理、ポジショニングなどのアドバイスも可能です。
 さらに、「Hospital Play Specialist」資格を取得し、病気や障がいのある子どもとの関わりやあそびの専門知識と経験があります。その知識と経験を活かし、ただカメラのシャッターを切るのではなく、こころを和ませながら、やさしい空間を創り、その子らしさ、そのご家族らしさを引き出します。

共同代表 安田伸枝
 保育士、Hospital Play Specialist、おもちゃコンサルタントの資格を取得し、重症心身障害児や医療的ケア児と健常児が共に過ごす保育園や、児童発達支援の現場で病気や障がいのある子どもたちの保育経験があります。重い病気や障がいのある子どものあそびの専門家として、お子さんの素敵な瞬間を創るプロとして活動しています。

 

スペシャルメニュー》(事前相談・別途料金が必要)

「メイク・ヘアセット・着付け」
 美容福祉に関わるプロの美容師がお好みのメイク・ヘアセットを担当します。
着物の着付けも可能です。誕生日や七五三など特別な記念日におすすめです。

「オリジナルキーホルダー」
 撮影した写真を入れたキーホルダー作製が可能です。

想いをカタチに【フォトアルバムづくり】
 当日撮影した写真、これまでにご家族がスマホやデジカメで撮影した写真、プリント写真(データがなくても可能)など、ご家族が希望する写真を一冊のアルバムにまとめて製本することが可能です。
 データでの管理が主流となっている現在ですが、アルバムというカタチに残して、いつでも手にとって思い出を振り返ることができることも大切な写真の楽しみ方です。


出張写真撮影のプラン・料金の詳細はこちら