toggle
2019-09-07

2019.9.7 第3回病児と遊びの研究会

2019年度の第3回目の病児と遊びの研究会

第一部は、昨年もみじの家を利用し、緩和ケアのサポートを受けながら、お子さんを看取られた原田さんご家族のお話でした。

当事者の経験からお話される内容は、とても深く価値のあるもので、これから横浜でホスピスを作っていく上で大切なヒントがたくさんありました。

僕は、昨年、お子さんが亡くなる前日に原田さん家族の写真を撮らせていただきました。

あの時の想いが蘇り、胸が熱くなりました。

第二部は、僕から笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクトのお話をさせていただきました。目指すあそびのカタチ、写真のカタチ、活動経験を通じてこどもたちに教えてもらったことをお話させていただきました。

今日、こうやって原田さんご家族と一緒に、お話をさせていただいたことは、本当に感慨深く、僕たちにとっても大切な経験となりました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です