toggle
2018-05-22

2018.5.22 千葉東病院

国立病院機構千葉東病院の重心病棟

国立病院機構千葉東病院の重心病棟に行ってきました!!

心魂のワークショップで共に生きている美沙ちゃんに繋いで頂き、初の病院での活動をすることができました!美沙ちゃんありがとう!

今日は2人の重度心身障害のおともだちと50分ずつベッドサイドでじっくりとあそばせてもらい、その様子を写真に残していきました。

あそびのレシピ

楽器系のおもちゃ

・ペンタトニック

・オーシャンドラム

・琉球木琴

・ラウンドベル

感覚あそび

・風船クッション

・ジップロックの絵の具あそび

などでした!

見る、聞く、触る、感じる

そんな感覚に働きかける遊びを中心に用意し、一緒にあそんだおともだち2人とも、それぞれの楽しみ方でじっくりと楽しみ、応えてくれていたように思います。

じーっとみつめたり、目を大きく開けたり、目を細めたり、キョロキョロとしたり、手や足を動かしてお返事をしたり、ほんの少し声を出して一生懸命お話してくれたり…小さな小さな反応かもしれませんが、心が動いている!という姿をたくさん見せてくれました。

医療機器の音やたくさんの足音、色々な声が飛び交う医療の現場の中で生活しているこどもたち、様々な事情であそびへのアクセスの機会が少ないこどもたちの元へこそ私たちの考えるあそびを届けて行きたい。そんな想いを実現する1歩を踏み出すことができました。

一気に活動回数を増やすことは難しいですが、継続した活動にしていくことで、この活動の意味や意義をしっかりと形にしていきたいと思います。

私たちの活動を受け入れるために影でたくさんたくさん動いて根回しをしてやりやすいようにと調整をしてくださった美沙ちゃんはじめ、千葉東病院のみなさま本当にありがとうございました!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です